「食べた」と言っている人

「食べたい」と言っている人

「いいね!」をしている人

「コメント」をしている人

「口コミ」をしている人

「行った」と言っている人

「行きたい」と言っている人

ただいまの口コミ件数
1,438件
ただいまの野菜件数
5,010件

とまとランドいわき

  • (有)とまとランドいわきの栽培温室は日本では数少ない『トラス式ダッチライト型ガラス温室』と言い、施設園芸のメッカであるオランダの技術によって建設された総面積は23,664平方メートルの温室です。温室の周囲はすべてガラス・アクリル貼りになっており、温度や湿度を調節するための天窓(てんそう)の開閉やボイラー設備、CO2発生装置、光や温度を調節するためのカーテンの開閉、そのほかにトマトに養液を供給するための装置などはすべてコンピューターで日射量や光の強さなどの条件により複合制御されています。
    しかし、植物を栽培しているだけに当然人の手による作業も多く、毎日経験豊富なスタッフが20~25人で常にトマトの育成状況に応じた栽培管理を行っています。
    また、他とは違う当温室の特徴としては『地球環境への配慮』という点で、養液として使用した廃水をろ過装置でろ過し、きれいな水に変えて再度使用するという水のリサイクルを行っていることや、ハウス内の温度を上げるボイラー設備についても東北地方では初めて燃料に重油ではなく、LPガスを使用していることが大きな特徴です。
    LPガスからでる排ガス(CO2)は非常にクリーンで、とまとランドいわきではその排ガス(CO2)を施設外へ排出するのではなく、トマトの光合成促進のために温室の中に配管を通じて放出しトマトに吸収させています。こうすることにより、地球環境にやさしいだけではなく、トマトの成長が早くなり果実の品質も向上するという大きな利点があります。

    また、ボイラーから出た熱をタンクに貯蔵しておく蓄熱設備や雨水を貯めておくための雨水タンクも環境への負担を減らすための設備のひとつです。

とまとランドいわきの野菜一覧

野菜:2件、口コミ:0

とまとランドいわきの野菜を買う

とまとランドいわきの野菜を食べる

ようこそゲストさん

近隣の産地一覧